2030SDGsで変える
Twitterでツイート Facebookでシェア
  • ホーム
  • SDGs最新トピックを深く学べる 「自由研究の課題に」「就活に役立てたい」「企業の研修に」無料冊子を紹介

SDGs最新トピックを深く学べる 「自由研究の課題に」「就活に役立てたい」「企業の研修に」無料冊子を紹介

2021.11.12
目標4:質の高い教育をみんなに
目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

 国連の「SDGs」(Sustainable Development Goals)は2030年までの達成をめざしています。誰も置き去りにしない、という理念のもとで17の分野でゴールが定められています。貧困や格差をなくし、持続可能な社会をつくるためのものです。

 朝日新聞社は、この考え方に賛同し、SDGsに関する国内外のニュースを積極的に報道しています。この度、弊社の記者が取材し、新聞やデジタル版に載った記事をまとめた冊子「2030 SDGsで変える 2021年版」をつくりました。A4判の縦型で56㌻です。冊子を発行するのは6回目で、これまでは「学習の資料として使いたい」(兵庫県の小学校)、「プロジェクト型学習の授業時間で配布したい」(沖縄県の高校)といった教育関係者から、「就活に役立てたい」「夏休みの自由研究の課題に使いたい」という一般の方まで幅広くご利用頂いてきました。社員の理解を深めたい、という企業からの引き合いも多数頂いてきました。

今回の内容も、SDGsに興味を持った方に分かりやすく、最近のトピックスを深く学びたい方にも適した内容になっています。授業やワークショップで教材として活用できるほか、ご家庭で理解を深める一助としてもご利用頂けます。社会貢献を考えている方には、活動のヒントを提供することができるかもしれません。

コロナ禍のSDGs  乗り越えるには? 座談会

昨年来、新型コロナウイルスの世界的な感染により、SDGsの先行きを案じる見方が広がってきました。こうした現状をどのように受け止め、乗り越えて行くにはどうしたらよいのか――。冊子の冒頭ではキャスターの国谷裕子さん、国連世界食糧計画(WFP)日本事務所代表の焼家直絵さんらのオンライン座談会を収録しています。

 

国内外の話題を取りあげた記事を掲載

掲載している記事は、SDGsの各テーマに沿ったものになっています。ウニ漁が盛んな三陸沿岸の岩手県洋野町で、大量に捨てられていたウニの殻が陶器に再利用されている事例▽女性の健康をめぐる課題を最新の技術で解決する「フェムテック」の取り組み▽南米コロンビアで貧困層に新型コロナの支援金を送金する仕組みづくり、といった具合に、地域の話題から海外のニュースまで幅広く盛り込んでいます。

ジェンダー、インクルーシブ 教育現場からの報告も

 SDGsにまつわる学校教育の最前線を取材した記事も充実しています。都内の女子大の学生と男子校の中学生らがジェンダーや無意識の偏見について学んだ授業の様子を採録しています。生まれてすぐに四肢短縮症と診断され、難聴で視力も弱い子どもが、地元の中学校で学ぶ「インクルーシブ教育」の現場を取りあげた記事も載せています。10月に発行したところ、全国から送付希望が相次いでいます。「(SDGsを学ぶ)生徒に資料として提供できる」(九州の中学校)という声が寄せられたほか、企業の研修でもご活用頂いています。

    

ご希望の方に冊子をプレゼントします。発送先は国内に限り、40冊まで応募できます。5冊以上は送料を着払いとさせて頂きます。配送まで3、4週間かかる場合もあります。申し込みはこちらから。朝日ID登録が必要です。

  • ホーム
  • SDGs最新トピックを深く学べる 「自由研究の課題に」「就活に役立てたい」「企業の研修に」無料冊子を紹介
  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてなブックマーク
  • 目標4:質の高い教育をみんなに
  • 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

「2030 SDGsで変える 2019.2~2020.1版」
冊子を無料でプレゼント!

朝日新聞社では、これまでのSDGs報道やイベントをまとめた冊子を作成いたしました。
紙面の記事をまとめた最新版です。ご希望の方に、プレゼントさせていただきます。

■「2030 SDGsで変える 2019.2~2020.1版」(A4判縦型、52ページ)